清明亭

◆清明亭◆

 

 

清明亭の由来

 

 

 この建物は、昭和のはじめ初代「わかもと製薬」社長、長尾欽弥氏の造営になる京風の邸宅の一部、離れの茶室でした。網代天井のゆかしい茶室、待ち合いなどの小座敷がある本格的な茶室です。

 茶道部の日常の活動場所になっているほか、PTA主催の「お茶に親しむ会」も開かれています。文化祭や地域開放のときは一般の方もまじえて「お茶会」を開いています。

 

 

※3.11東日本大震災以降、この建物内での活動は行っておりません。

 

 

〒158-0081 世田谷区深沢7-3-14
電話 : 03-3702-4145 ファクシミリ : 03-3702-6767